ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
メインメニュー



カテゴリ: 理工系に関する社会問題
訪問技術者、研究者の給料と生涯年収 人気 最終更新日: 2007-2-19 2:07
説明:
技術が進歩するにつれて、技術者、研究者は、労力に見合った給料と生涯年収が得られなくなる傾向にあります。

年収1000万円を超える給料を出すのは、科学技術の進歩の影響を受けにくい文系企業(特に国内規制産業)が多いのです。

一方、年収300〜400万円の給料のところに、高度な理系企業がたくさんあります。

技術者、研究者は、通常は理系企業(製造業、技術系企業)に就職します。

すなわち、技術が進歩するにつれて、技術者、研究者はどんどん割の悪い職業となっていくのです。よって、技術者、研究者の地位向上が必要になります。

ヒット数: 416   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)